雪の夢

雪の夢は夢占いで全体的に「生活の上で注意すべきこと」を暗示してくれます。

雪の夢を見た人は、現実には不幸なことなど何もないのに、具合が悪そうなふりや、事業に満足していないふりをする傾向があることを示しています。

大雪の中にいる夢を見たら、長い間楽しみにしていたのに、何かの理由で中止になる悲しい現実を物語っています。

雪が真っ白ではなく汚い場合には、態度が大きくなっている様を暗示しているので、謙虚になるように心がけてください。
雪が解ける夢を見たら、不安が時間とともになくなっていき、晴れ晴れとした気持ちで暮らしていくことができます。

窓から外を眺めているときに大きな雪が落ちている夢を見たら、恋人と大喧嘩してしまい、また経済的にも最悪な状況となり2人の関係にヒビがはいってしまうことがあります。
雪合戦をしている夢をみた人は、不名誉な問題が起きる可能性があり、それを排除するのにかなりの労力を使うことになってしまいます。

以上が雪の夢に関する夢占いですが、わりと当たっていると感じているのではないでしょうか。