占いとは!?

人間は弱い生き物です。

人生良いことばかりではありません。

自分の進むべき道に思い悩んだり、何が正しいのかが見えなくなったりする生き物なのです。

そんなときに羅針盤の役割として使えるのがこの占いというものではないでしょうか。

占いに自分の人生すべてを賭けるのはあまりにも危険です。たまに人生を占いに支配されているような人がいます。

こういった人は占いで自分の進むべき道を示してくれないと不安になり、そういったことを繰り返すうちに自分ひとりで物事を決断をすることができない人になっているのです。

生きていく上で決断を下して生きていくことは日常茶飯事です。

そのすべての決断を占いに託すことは間違った方向に進んでいることになるので、注意しましょう。

タロット占いや易占いでは、その時々のタイミングなどの偶発性から占う方法をとります。

一方で、占星術や手相占いなどは長年のデータをもとにした学問的視点から統計学を用いて、現実的に占っていくものです。

それぞれに特徴があり、甲乙付けがたいというのが結論です。

占う人の使用目的によって、占いを使い分けるのがベストではないでしょうか。