占星術の存在意義

占星術が昔から存在しており、それが未だに現代にも残っているということはつまり存在理由、存在意義があるからです。

過去には色んな歴史があれど、良くも悪くも占星術占いも存在意義があったからこそ、現代まで根強く当たる占いとして人気を誇っているのです。

占星術占いに必要なものは、占う人の生年月日と生まれた時間、そして場所です。

生まれた時間と場所がどうして必要なのかと言うと、占星術では生まれたときの星たちの位置や配置などからその人の運勢、運命を導き出していくのです。

そしてそのデータをもとにしてホロスコープを使って占っていくのです。

このホロスコープはかなり緻密な作りになっており、これが占星術占いの集大成という人もいるくらいです。

占星術占いは完成された占いとも言われていますが、実際はまだまだ未完成の部分が強い占いとも言われています。

ではこの占いが昔から引き続き現代まで残っている理由は、正直わからない部分がたくさんあります。

ただ一つ確信できることがあります。それはこの占い自体が長い年月をかけて、人間には手の届かない力というものを研究してきた成果と呼べるはずです。

今後も色んな占いが世に誕生しても、すべての面においてこの占星術に勝る占いは出てこないでしょう。