占星術占いの歴史

ここでは占星術の歴史をご紹介したいと思います。

占星術の歴史を見ると、バビロニア帝国にまで遡ります。

この時代に最古の占星術の記録が残っていたのです。この文明自体がかなり進化している文明だったと言われています。

別名、「世界最古の文明」とも呼ばれ、文学や天文学などが整備された英知が集結した文明だったのです。

占星術占いは特権階級のみが使うことを許されていたのです。

主に国王が政治判断をする際に利用されていたという説も残っています。

庶民は占いという存在すら知らずに暮らしていたのです。

特権階級の人達は占星術をさらに進化進めるべく、研究を続けていったのです。

ただしこれらの説が正しいのかは定かではありません。

それから占星術占いはギリシャへの伝わっていきました。

ギリシャではようやく庶民に占いが広まっていったのです。

ただしどこの時代でも宗教への弾圧行為があり、このギリシャ時代にも占星術が弾圧を受け一時研究がストップするといった経緯もあったのです。

そんな占星術も江戸時代に日本に伝来してきたのです。

日本でも当社は一部の庶民が極秘で占っていたという事実が残っています。

それくらい秘密裏にされていた占いだったのです。

この占星術占いの歴史は多くの国で弾圧を受けながらも日々進化し、当たる占いへと形を変えて今日に繋がっているのです。

私達が今も占星術を利用できるのも、過去の歴史があったからだということを忘れてはいけません。