手相占いは統計学

手相占いの歴史を少しご紹介します。

手相占いは数千年前のインドで発祥したと言われているのです。

それから手相占いはインド⇒中国⇒エジプト⇒ギリシャと広まっていき、世界各国に広まっていったのです。

日本に手相占いが入ったのが、平安時代ですがこのときは一部の上流階級にしか広まらなかったのです。

江戸時代に入ると普通の人でも利用することができるくらい有名になったのです。

手相は変化するものということをご存知ですよね!?

年を重ねるにつれて、色んな経験を積むことで手相は変化していくのです。

何か大きな変化を感じた場合などに手相を確認してみると少し変化していることがあります。

手相占いでは過去、現在、未来について占うことが可能です。

運勢を占うだけではなく、その人の性格やかかりやすい病気なども占うことができます。高確率で当たると言われいます。

それがこの手相占い最大の特徴でしょう。

手相占いを語るときに手相占いと統計学は切っては斬れない関係となっているのです。

なぜなら、手相占いができた数千年前からのデータの統計を取ったものが手相占いには反映されているのです。

そう考えれば確率論ということになり、かなり当たる占いだということが納得できるはずです。